何もしてくれないケアマネジャー

ケアマネの話

そんな話をよく聞きます。

私もケアマネジャーです。耳が痛い…。

ケアマネジャーに望んでいるものって何だろうと思ったりします。

ケアマネジャーのイメージ

  • 頼んでもあれダメだ、これダメだっていう人。
  • いつもハンコもらって帰る人。
  • 必要もないのに月1回来る人。
  • 施設の相談しても本人にあったところを見つけてくれない人。
  • 世間話をして帰る人。

ケアマネジャーは介護保険の窓口

  • 一人で通院ができない→介護保険サービスの調整をします。
  • 一人で生活が困難→介護保険サービス・福祉サービス・民間のサービスの調整をします。
  • 金銭管理ができない→権利擁護、成年後見人制度の活用を案内し、調整をします。
  • 電球等が切れた→地域の電気屋さんの調整をします。
  • 相談をされたら→介護保険のルールを説明し、調整をします。
  • 調理ができない→介護保険・配食サービス等の調整をします。
  • 買い物にいけない→スーパーの配達・介護保険サービスの調整をします。
  • 具合が悪い→救急車や往診の調整を行います。
  • 日常生活のこと、介護のことと盛りだくさんの相談を受けます。

ケアマネジャーは、自立に向けた介護予防と重度化防止のため、介護保険サービスの連絡・調整。その他、行政、地域包括支援センター、民間のサービスの連絡・調整行います。直接、ご本人の金銭、身体の介助にあたりません。(目の前に落ちている金銭や倒れていたら別です。)

ケアマネ<br>ジャー
ケアマネ
ジャー

何もしていないように言われますが…。

ケアマネは、情報収集と書類の整備、サービス調整には、時間を要しています!

これからもよろしくね!

コメント