親の介護、在宅か?施設か?よくある決め手のパターン例!

care

在宅か?施設か?

皆、どうやって決めているんだろう。

施設にいてもらった方が安心。

でも、両親は元気だし、自宅がいいに決まっているし。

どうやって決めた?

MIYAKO
MIYAKO

施設に決まったパターン。

在宅に決めたパターン。

よくあるパターンを紹介します。

入院をきっかけに施設に行くパターン1

  1. 入院して、主治医から、「在宅に無理です。」と言われる。
  2. 家族から、「自宅では看れません。」と言われる。
  3. 本人から、「施設に行きたい。」と言われる。
  • 一人暮らし。
  • 老々介護。
  • 24時間介護、看護が必要になる。
  • 子供に迷惑をかけたくない。
MIYAKO
MIYAKO

入院中だったら、主治医へ相談して相談室に繋げてもらいましょう。

認知症になって施設に行くパターン2

  1. 車の運転の更新手続きがうまくいかず、それでも車の運転を継続している。
  2. 認知症で何をするかわからず、24時間、介護必要になった時。
  3. 他人が入れないようなゴミ屋敷なっている。

認知症の診断があるのに車の運転をしている。免許を取り上げられてことを忘れている。事故に繋がる時は、家族から施設相談があります。

24時間介護が必要になると、老々介護、家族は就労していると在宅の限界で施設相談があります。

在宅生活をするにあたり、在宅サービスが利用できないと施設相談があります。

MIYAKO
MIYAKO

在宅生活の時に介護で悩んだら、担当地域包括支援センターへ。

情報提供をしてくれます。

  • 施設を決める時、最低限決めておいた方がいいポイント!
    • 予算。入居金はいくらまで?
    • 月々の支払はいくらまで?
    • 場所→子供の家の近く?、本人の自宅の近く?
    • いつまでに決めるのか?→急いでいる?急いでいない?納得がいくところが見つかるまで探す?
    • 在宅か施設か悩んでいるのか?
MIYAKO
MIYAKO

ポイントを押さえて相談をしていった方がスムーズに相談できると思います。

施設は2~3ヶ所は、見ていった方がいいと思います。

介護者がいなくなるパターン3

  1. 介護者が事故で亡くなる。
  2. 介護者が病気になる。
  3. 介護者が転勤する。

誰も看てあげれない。急にどうしたらいいんだ。

お金も年金しかないし、どうしたらいいんだ。

MIYAKO
MIYAKO

担当ケアマネジャーがいたら、相談をしましょう。

いない時は、担当地域包括支援センターに相談しましょう。

・ショートステイ。

・介護老人保健施設の入所。

・特別養護老人ホームへの入所。

*特別養護老人ホームは、要介護3以上じゃないと申し込みはできません。

ただ、特例があります。担当ケアマネジャー、担当地域包括支援センターへ相談しましょう。

MIYAKO
MIYAKO

非課税の方は、利用料が軽減されます。

申請をするまえに非課税世帯か確認してきましょう。

MIYAKO
MIYAKO

介護と医療が高額になった時の参考ページは、練馬区のものです。

詳細は、お住いの市区町村でご確認くださいね。

在宅生活をするパターン4

  1. お金がないから。
  2. 本人が在宅を望んでいるから。
  3. 家族で看てあげたいと思っているから。

家族で看たいけど、老々介護、家族の就労等でできない時は、介護保険を利用します。

MIYAKO
MIYAKO

相談先は、担当地域包括支援センターになります。

担当してほしいケアマネジャーいたり、近隣にある居宅介護支援事業所があったら、直接、連絡しても大丈夫です。

MIYAKO
MIYAKO

施設同様、非課税の方は、条件を満たしていたら、申請できます。

まとめ

  • 施設か在宅か、パターンはありますが、意見や情報をもとにご本人、ご家族が決めていきます。
  • 非課税世帯で要件をみたせば、減額の申請があります。
  • 施設にしても在宅にしても相談する場所はあります。

医師や病院から、「施設がいい。」と言われた。

→でも、在宅する方もいます。

在宅だったけど、施設に行った方もいます。

最期をどこにするか、色々あります。

答えはないので悔いのないようにしていいと思います。

MIYAKO
MIYAKO

相談場所もあります。

一人で介護を抱え込まないように相談していきましょう!

MIYAKO
MIYAKO

ちなみに我が家の例

父は、施設希望。

母は、在宅希望。

長女は、両親とも施設へ行き、自分も施設希望。

長男は、お金次第。

次女は、両親も自分も在宅希望。

結論:意向確認は終わっています。

父は、パターン1予定。

母は、パターン4予定。

MIYAKO
MIYAKO

現在のところ、両親共に入退院を繰り返しています。

そして、なんと両親共に復活しています。

多分、両親共に”ぴんぴんきらりころり”を目指し、子供も応援しています!

タイトルとURLをコピーしました