在宅介護

在宅編

居宅サービス

  1. 訪問介護
    • 身体介護
    • 生活援助
    • 通院等乗降介助
  2. 訪問入浴介護
    • 介護士と看護師が移動入浴車で浴槽を提供して入浴介護を行います
  3. 訪問リハビリテーション
    • リハビリ(機能回復訓練)の専門家が訪問し、リハビリを行います。
  4. 居宅療養管理指導
    • 医師・歯科医師・薬剤師・管理栄養士・歯科衛生士などが訪問し、薬の飲み方、食事など療養上の管理、指導をします。
  5. 訪問看護
    • 看護師などが訪問し、療養上の相談、床ずれ、点滴の管理などを行います。
  6. 通所介護
    • レクリエーション、食事、入浴などの介護や機能訓練が日帰りで利用できます。
  7. 通所リハビリテーション
    • 介護老人保健施設や病院・診療所で日帰りの機能訓練などが受けられます。
  8. 短期入所生活介護(ショートステイ)
    • 介護老人福祉施設などに短期間入所して、食事・入浴などの介護や機能訓練が受けられます。
  9. 短期入所療養介護(医療型ショートステイ)
    • 介護老人保健施設などに短期間入所して医療や介護、昨日訓練が受けられます。
  10. 福祉用具貸与
    • 介護度によって利用できる福祉用具が異なります。

地域密着型サービス

  1. 地域密着型通所介護(地域密着型デイサービス)
    • ⑥の通所介護と内容は同様。利用者の人数が少ない。
  2. 認知症対応型通所介護
    • 認知症の高齢者の通所介護。
  3. 夜間対応型訪問介護
    • 夜間の定期的な巡回または通報によりヘルパーが居宅を訪問し、排せつ介護、日常生活上の緊急時の対応など。
  4. 定期巡回・随時対応型訪問介護看護
    • 介護職員と看護師が一体または密接に連携し、定期的に訪問します。または、通報や電話などに対して随時対応します。
  5. 小規模多機能型居宅介護
    • 小規模な住居型の施設への「通い」を中心に、自宅に来てもらう「訪問」、施設に「泊まる」サービスを柔軟に受けられます。
  6. 看護小規模多機能型居宅介護
    • 利用者に状況に応じて、小規模な住居型の施設への「通い」、自宅に来てもらう「訪問」(介護と看護)、施設に「泊まる」サービスが柔軟に受けられます。

居宅サービスも生計困難等に対する利用者負担の軽減があります。

申請要件をお住いの介護保険の冊子で確認し、市区町村へ申請する必要があります。

ケアマネ<br>ジャー
ケアマネ
ジャー

サービス利用時には、担当ケアマネジャーと契約をしていください。

料金については、

概算料金の試算 | 介護事業所・生活関連情報検索「介護サービス情報公表システム」 (mhlw.go.jp)

参考にしてみてください。実際は、ケアマネジャーに調整してもらった方がいいと思います。