子供から施設っていわれるけど

ケアマネの話

だいたい、子の意見と本人の意見は違います。(全てではありません)

昭和の時代、介護は、家族がするもの。特に嫁がするもの。

時代は流れ、現在は令和。

「子供には、自分が大変だった思いをさせたくない。子供には、迷惑をかけられない。」と同居ではなく、別居を選んできた時代背景があります。

今の時代、介護は、施設か在宅、もしくは在宅か施設か選べます。

選べる状況化にある人に、まずは、施設か在宅かのメリット、デメリットを比べてみましょう!(現実には、これで一人で在宅生活をしているのかという人はいっぱいいます。認知症と診断されても一人暮らしを継続している人もいます。)

在宅のメリット

  • 自分がもっているお金でやりくりができる。お金をかけないやり方もかけるやり方も選べる。
  • 住み慣れた自宅で気兼ねなく生活ができる。少ないけれど、近隣との交流がある。
  • 人に気を使わなくていい。

施設のメリット

  • 24時間、誰かがいる。
  • 3食食事つき。おやつもついている。
  • お金を出せば、すべて施設内で完結。

在宅のデメリット

  • 3食の食事の心配。
  • 一人で心細い。
  • 家族に負担がある。

施設のデメリット

  • 食事・入浴の時間が決められている。
  • 食事の味付けが同じで飽きる。
  • 外部との交流がなくなる。(施設の許可があれば外出可能な所もある。)
  • 施設内の交流がうまくいかなかったとき、部屋に閉じこもってしまう。いわゆる老稚園に入居してしまったと後悔する場合はある。

施設に入ったと思って介護保険と自費サービスを利用検討

  • 介護認定をとる。→認定がとれなかったら、自費でお掃除だけでも利用してみる。
  • 介護認定がとれたら
    • 日中は、介護保険をフル活用。
    • 介護保険の単位が足りなければ、自費利用。(毎月のお掃除業者に入ってもらう。配食を利用する)
    • 夜間は、自費で家政婦さんの泊まり込み。もしくは緊急通報システムを設置。(行政により、補助がある場合とない場合がある)
    • 月の半分をショートステイ利用し、半分を在宅生活を行う。(介護保険の単位数はオーバーすると思った方がいい)
    • 介護老人保健施設の入所と在宅を半月ごと利用。(コロナ禍で施設と在宅の行き来は、受け入れ施設がみつからない現状がある)

気になる料金

  • 見守り体制で変わります。
  • 24時間体制なのか?日中の活動している時間だけなのか?夜間だけなの?
  • 緊急通報システムは、お住いの福祉サービスがあるかないかを聞く。民間でも今は、セコムやその他の安いところも出てきています。料金は色々です。
  • 週末だけ家族体制。平日のみ介護保険なのか?

介護度=介護の手間が数字にでます。それ以上を求めたら、手間をお願いした分、料金がかかります。後はどれくらい使えるかということも大事になってきます。

介護は、自分でやるか、お金やってもらうかになります。

本人のために施設なのか、家族のために施設なのか。

実際に在宅なのか、施設なのか、選択できることは幸せだと思います。現実的には、認知症になってとか、これで一人暮らしなのかとびっくりすることがあります。選べない人達は、それなり生活ができています。(周りは、ひやひやすることはありますが…)

実際には、どちらがいいかは、一概には言えません。施設に入って後悔している人もいます。施設に入ってよかったという人もいます。何がいいかわかりません。

人それそれでいいのかなと思います。

ぴんぴん<br>きらり
ぴんぴん
きらり

自分も含め、先のことを考えると不安しかありません。きりがないと思います。

とりあえず、今、自分の足でトイレに行き、自分の口で食事ができていれば、よしとし、面倒くさいと言わないで介護予防のために公共の運動施設を利用したり、趣味活動の場へ参加したり、無理にでも外出し、交流をもっていきましょう!

介護予防のためには、週3回の外出が好ましいと言われています!

コメント