甘夏の皮

調理編

甘夏

毎年、脱サラをした父の友人からここ数年送られてきている甘夏。

甘夏、甘夏の皮の効能を調べてみました。

甘夏、甘夏の皮の効能

  • 甘夏には、美肌効果や風邪予防になるビタミンCが豊富
  • 疲労回復効果のあるクエン酸が豊富
  • 甘夏は、実より皮の方にビタミンCが豊富
  • 甘夏の皮には、オーラプテンが含まれる。
    • オーラプテンには、がん予防、認知症の予防に効果があることが明らかに!
    • オーラプテンには、果肉にはほとんど含まれていない。皮に含まれている。
ぴんぴん<br>きらり
ぴんぴん
きらり

甘夏だけじゃなく皮も使ってみよう!

  1. 甘夏の皮の白い部分をスーンで軽くこすりとる。
  2. 幅5㎜くらいに細長く切る。
  3. 鍋にたっぷりお湯を沸かして、2を入れ、2~3分ほど茹でる。
  4. ざるにあげる。
  5. 3と4を3回繰り返す。
  6. 3回目、ざるにあげ、氷水に一晩つける。
  7. ざるにあげ、軽く絞って重さをはかる。皮の重さの80%の量の砂糖を一緒に鍋に入れ、蓋をして弱火で煮る。水分がなくなるまで煮る。
  8. 7をクッキングシートの上にのせて1~3日程度、乾燥させる。
  9. コーティングチョコレートを湯煎にかけて溶かします。
  10. 9にオレンジピールをつけます。
  11. クッキングシートをしたパッドにのせ、冷蔵庫で60分冷やします。
  12. チョコレートが固まったら完成です。
ぴんぴん<br>きらり
ぴんぴん
きらり

毎年、捨てていた甘夏の皮をおいしく再利用。

ポイントは⑥の氷水。苦味がほどよくとんでくれるように思います。

こちらもご参考に

私は甘夏ジャムも好きなので⑦の工程後、フードプロセッサーでジャム状にして瓶に詰めて保存します。冷凍も2~3か月大丈夫です。

評価 :5/5。

コメント

タイトルとURLをコピーしました