スキー旅行 その後

夫は透明人間
長男
長男

スキーを滑れるようになりたい。

長女
長女

そりや雪遊びでいい。

夫

スキーをしに来たんだ。スキーをしよう!

妻

スキー靴をはける

スキー板をつける

滑って止まる方法がわからないと無理。

スキー教室にいかないと無理。

雪が降ってきた。

夫

雪だ、休憩所に行こう。

少し吹雪いてきた。

夫

スキーは晴れた日に滑るのがいい。ひとまず、ホテルに帰ろう。

スキー場では、みんな滑っているのに…。

夫よ!

消えてろ~!!!

妻

では、子供たち、スキーをしよう!

スキー教室の申し込みをする。

幼児は不可。小学生から申し込み可。長女の申し込みをする。

長男
長男

俺も滑りたい!

長男は、なんちゃってスキー板でリフトに乗る。

母、スノー靴で付き添い。

リフトから息子の両脇を後ろから抱えて、猛ダッシュで駆け降りる。

息子は、なっちゃってスキー板で見様見真似で滑る。

滑る、転ぶ、滑る、転ぶ。そして諦めない。

何回、繰り返しただろう…。

でも、滑れない。そりゃ、そうよ。母ちゃんは滑ったことがないし、教えられないのよ。

リフトのスタッフの人が変な目で私をみてる…。

娘がスキー教室から帰ってきた。

下界で娘にスキーを教えてもらう。

もう、リフトは行かなくてよくなった。

妻

【感想】

スキーは大変。

スキーはね、スキー靴がはけて、板をつけれて、滑れる人と行った方がいい。

雪が降っても大雪や吹雪じゃなかったら、スキーをした方がいい。

*この家の夫は、消えています。

戸籍上は、結婚し、世帯主がいる。離婚はしていないことになっている。

しかし、自宅では、妻から一切、見えなくなっている夫になっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました