介護保険の財源は?

介護保険制度

介護保険の財源

公 費50%国25%(調整交付金5%程度含)、都道府県12.5%、市区町村12.5%
保険料50%65歳以上の方の保険料23%、40歳以上65歳未満の方の保険料27%
介護保険料は介護保険事業所計画の見直しに応じて3年ごとに設定されます。
*保険料所得段階について、所得に応じて各自治体の実情に応じて決定。

介護サービスの利用者負担

基準額の算出方法

  • 65歳以上の方の保険料

介護サービス総費用×65歳以上高齢者負担(23%)÷65歳以上の方の人数=保険料の基準額

にわとり
にわとり

所得に応じて第17段階の保険料に振り分けられます。

お住いの介護保険と福祉サービスの冊子に詳細が書いてあります。

市区町村ごとに違うことがあります。お住いの介護保険を知っておくことをお勧めします。

  • 40歳以上65歳未満の方の保険料
  1. 国民健康保険に加入している方

介護分保険料=所得割(第2号被保険者の所得に応じて計算)+均等割(世帯の第2号被保険者数に応じて計算)

*原則として、保険料の半分は国および都道府県が負担します。

 2.健康保険に加入している方

介護分保険料=給与および賞与×介護保険料率

*原則として事業主が半分を負担します。

にわとり
にわとり

国の負担=私たちの税金と思うのは私だけでしょうか?

介護保険料があがらないように皆で介護予防をしていきましょう!

コメント