現役ケアマネジャーが思う介護のお仕事

side job

現在、現役ケアマネジャーをしています。

2000年から介護の仕事を始めています。

介護の仕事を始めたころは、「きつい、安い、汚い」って言われていますが、今は少し違ってきているように思います。

2009年介護保険の改定後より、介護職には加算を給与に上乗せされています。

(*2023年現在、ケアマネジャーには加算はありません。)

今の現状を分かり易くお伝えできたらと思います。

今後の活動に参考になれば嬉しいです!

現役ケアマネジャーが思う介護の仕事とは

  • 1人で生活ができない人の手助けをします。
  • 一人で生活できるようにお手伝いをします。
  • 介護で大変な家族のお手伝いをします。

そんな仕事をするために資格を取得します。

人は、十人十色なので支援方法も様々です。

一概には、決めれません。

支援方法は、常に勉強になります。

MIYAKO
MIYAKO

対人の支援ができるようになったら、どんな職場に行っても大丈夫だと思っています!

現役ケアマネジャーが思う介護の仕事のメリット

  • 高齢化社会が続く上でまだ需要と供給はあるため、仕事はあります。
  • リストラにあっても資格があれば、仕事はあります。
  • 資格があれば、子育て、引っ越し等で転職もしやすいです。
  • 人の役にたつ仕事です。
  • 色んな人生に触れ、とても勉強になります。
MIYAKO
MIYAKO

仕事をしているだけなに「ありがとう」って言われると嬉しいです。

現役ケアマネジャーが思う介護の仕事のデメリット

  • 肉体労働のため、きつい。
  • 排泄介助は、汚い。
  • 色んな心身状態に方がいるので介護中に思わぬ、事故の可能性はあります。
MIYAKO
MIYAKO

どんな仕事でもあることだと思います。

現役ケアマネジャーが思う介護業界就活ポイント

  • 昇給があるところ。
  • 基本給の提示をしてあるところ。
  • 退職金があるところ。
  • ボーナスがあるところ。
  • 退職金があるところ。
  • 年間有休日数。
  • 有休の取得状況。
  • 介護・育児の取得状況。

介護業界でそんなところってあるの?

MIYAKO
MIYAKO

探せば、あります!

まずは、↓から探す。

  • 社会福祉事業団。
  • 社会福祉法人。
  • 医療法人。
  • 民間企業。
MIYAKO
MIYAKO

まれですが、市区町村での求人もあります。

ハローワークは見逃さないようにしたいですね。

介護業界の求人は少ないが、たま~にあります。

転職、就職する際に登録や見ていていいかなと思います。

動画になります。(20分程度)

両学長 リベラルアーツ大学

http://年収アップしたい人必見】転職サイトではなく転職エージェントを使うべき理由【稼ぐ 実践編】

私が介護業界に入ったきっかけと現在に至るまでの思い出話

2000年から介護保険を始めるにあたり、企業や社会福祉法人、家政婦紹介所では準備を始めていました。

29歳の時に「もう、夢では食べていけない。」と思い、転職を考えていました。

T野さん
T野さん

2000年から介護保険というのが始まるよ。

やってみたら?

MIYAKO
MIYAKO

看護助手をやろうと思っていたけど、新し物好きの私としては、介護保険のヘルパーもいいのかも。

私のとった行動

  • 家政婦紹介所に登録。
  • 年末年始に障害者の方の支援に入ります。(無資格)

時給:3,000円。(年末年始のため、2倍のため、6,000円)

始めてお仕事時の出来事。

車いすからベッドへ移乗中。

ずるずるっと落としそうになり、家族に手伝ってもらいました。

家族(兄)
家族(兄)

ダメじゃないか!

プロだろ!

本人
本人

大丈夫よ。

落ちてないし、怪我もないんだから。

気にしないで。

反省をし、本気で介護の仕事をしようと思い始めています!

介護の資格取得のため

1999年の時

  • 家政婦紹介所より、推薦され、ヘルパー2級を取得。
    • 財団法人介護労働安定センターに通い、料金は国が負担。交通費程度の手当10万円程度、頂いています。
    • 推薦される条件はなし。
    • 資格取得後の就労の拘束もなしです。

2000年以降

  • 民間の会社で自費で所得。
  • ハローワークで取得。
MIYAKO
MIYAKO

1人暮らしだったので生活の為に仕事をしなきゃいけなかった。

たまたま介護保険が始まるよ~って時だったのでタイミングよくヘルパー2級は資格をとって、お金ももらえて時期的にはよかったと思います。

その後、結婚、出産、子育て、引っ越しで介護業界での転職は、20年間に7回転職をしています。

まとめ

介護の仕事は、大企業や公務員のようにはお金はもらえません。

ですが、私のように家庭環境で働き方を変えられます

母体がしっかりしていれば、昇給・昇格・昇進もあります。

計画や目的をもてば、貯金や投資もできます

経験者は、語ります。

MIYAKO
MIYAKO

現在、親の介護をしながら、週4日の正規職員で勤務しています。

これからも続けていく予定です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました